Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そば地蔵の健康通信(節分の巻)
0
    「年越しそば」
    と言うと必ず大晦日(12月31日)
    食べるそばのことを言うじゃろ?

    しかしじゃ、これは大昔からの風習では無く、
    近代社会になってからのコト
    なんじゃ。

    「年越しそば」と言うと
    江戸時代の後期には、大晦日ではなく
    “節分”に食べるそば
    そう呼んでいたンじゃ。

    つまりじゃ、「節分そば」と呼ばれているモノが
    本当の「年越しそば」で、
    「年越しそば」と呼ばれているモノが
    本当は「大晦日そば」なんじゃのう。(笑)
    実にややこしい事実じゃ!

    「節分」とは、この字の通り“季節を分ける”
    つまり“季節の変わり目”のコトなんじゃ。

    日本には“四季”があるじゃろぅ、
    立春、立夏、立秋、立冬の前日が
    どれも「節分」
    なんじゃが、
    特に立春の前日を代表して「節分」
    呼ばれるようになっているンじゃ

    日本人にとっては「春」というのは、
    特に大事な季節なんじゃぞい。

    つまり「立春」はもう「春」なんじゃよ。
    じゃからのぉ、昔は「春」が来る「節分」を
    本当の“年越し”
    という考えておったンじゃ。

    「春」が来る「立春」を
    “年越し”と考え、
    それを祝って“年越しそば”を
    食べていたと言う訳じゃ。


    「立春」の夕方には、ヒイラギの小枝に
    イワシの頭を刺して
    じゃ、
    戸口に立って、炒り豆(鬼打豆)を撒き、
    「悪疫退散・招福」を願う風習
    があるじゃろ。

    これは、七世紀末に中国から伝わった
    宮中の年末の行事
    だったんじゃが、
    江戸時代頃から民衆の間に広まり、
    立春の前日に行う清めの行事
    となったじゃ。

    今でも中国は、この旧正月「立春」に
    行事を盛大にお祝いをしとるじゃろぅ。

    お主らもこのようなコトを知って、
    また、この後にも語り伝えて、
    日本文化を継承して欲しいもんじゃ!


    『そばよし』では、“温故知新”
    大切にしとるでのォ。


    では、よい「節分」を過ごすんじゃぞい!

    「おい、おい、ワシに豆を撒くのはよせ!」


    posted by: アンジェリーナ(仮名) | そば地蔵の「健康通信」 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.sobayoshi.com/trackback/1193406
    トラックバック