Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
祝・移転キャンペーン「大幸庵・玄コース」のすべて!
0
    堺筋本町の「そばダイニング大幸庵」
    行われる“祝・移転キャンペーン”
    そこで、出されるコース料理は、
    次のキタ新地の「大幸庵・玄」
    扱われる“こだわりの厳選素材”を使っておるんじゃ。

    『大幸庵・玄コース』



    ※画像はクリックすると拡大できます。

    それでは、ワシが先にこのコースを
    頂くとするかのォ。

    まずは、山口県阿武郡の地酒
    『東洋美人』純米吟醸“ひやおろし”じゃ。  

    先付「舞茸白和え いくら」



    前菜は、この酒にピッタリのモノばかりが三種じゃ!



    「カラスミ大根」
    「カラスミ」は高級珍味じゃぞい!



    「アボガド紅葉山」
    これは“斬新”じゃ!
    この「海老」と「アボガド味噌」の
    組み合わせが絶妙じゃのォ。



    「クリームチーズの味噌漬け」
    これまた、珍味じゃ!
    うん、洋モノの「チーズ」が
    見事に“和”の「味噌」と融合しとる
    ぞい。



    お次は「割鮮」「お造りの三種盛り」じゃ!

    「本マグロ、ヒラメ、ウニ」どれも美味いのォ。
    (※日によって魚の種類が変る場合があります。)

    続いてはじゃ、これこそ“創作そば”
    「柿切りそば」じゃ!
    (「柿が切りこまれておる蕎麦」=「柿味のそば」とはびっくりじゃろ?)
    「ごま酢」がまた“さっぱり”してピッタリじゃ!



    「蒸物」は「金目鯛そばの実あんかけ」
    最近は晩になるとじゃ、急に冷え込むから、
    こんな時には、「あんかけ」が良いのォ。
    身体の芯から温ったまるからのォ。
    それに「金目鯛」とは見た目にも美しいし、
    味も上品じゃのォ。




    それでは、お次じゃ!
    ここで、またまた、“こだわりの蕎麦”じゃ!
    「生粉打ち新そば」(北海道音威子府産・ほっかいどう おといねっぷ)

    おおっ、これは…

    “国産最高級の新そば粉”で打った

    「十割そば」ではないかっつ!!!




    この素晴らしい香り
    食べてからも噛むごとに
    香りが鼻に抜けるではないかっつ!

    やはり「蕎麦」は、これでなくてはイカンのォ。
    うーん、素晴らしいの一言じゃ!

    そして「強肴」は「京鴨、松茸炭火焼」じゃ!
    これまた贅沢な逸品じゃのォ。
    国産最高級鴨は実にジューシーじゃ。



    「油物」は「蓮根海老新丈挟み揚げ、青唐」
    「蓮根」は、今が一番美味しい時期なんじゃ!うーん、美味いのォ。



    仕上げは、当然「蕎麦」じゃ!
    「〆そば」は、「とろろ蕎麦二八打ち」
    ここ、堺筋本町で好評じゃった一品じゃ!
    さ、三種の「蕎麦」で、ワシも大満足じゃ!



    まだ、「デザート」もあるのかぁ?
    ほーぅ、旬の「梨、ぶどう」と言うのも嬉しいのォ。

    うーん、“予習”で、コレだけの料理を出されるとじゃ、
    おのずと次のキタ新地の『大幸庵・玄』での
    「そば料理コース」の期待が高まるのォ。



    これは、楽しみじゃ!

    このコースは10月10日(金)までじゃから
    お主も急ぐんじゃぞいっ!


    そばよしダイニング『大幸庵』ホームページ
    http://daiko-an.com/
    posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.sobayoshi.com/trackback/1160372
    トラックバック