Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そばよし季節恒例 「夏のそば愛好会」料理のすべて
0
    それでは、“夏”の美味いものを
    そば創作料理で頂こうとするかのォ。

    まずは、“食前酒”として出されたのは
    「開春」と言う名の“発泡の吟醸酒”じゃ。



    これは、封を開けてすぐの時だけが、
    爽やかな発泡を楽しめる「日本酒」なんじゃ!
    “和製シャンパン”と言ったトコかのォ。

    それでは、まずは“前菜”じゃ。
    まずは「二色豆腐」
    「オクラ」と「そば豆腐」の組み合わせじゃ!



    続いては、「翡翠茄子」
    これは、“胡麻クリームソース”が決めてじゃ!



    これは“そばよし”の前菜の定番「そば寿し」
    「穴子」とのマッチングが、寿しの旨さになってるんじゃ!



    「そうめん南瓜」
    「錦糸瓜」は、まるで「素麺」のように
    “繊維状”になっている変わった「かぼちゃ」なんじゃ。
    これを「じゅんさい」と合わせた酢の物じゃぞい。



    “割鮮”は「お造り」じゃ。
    「鱧おとし」と「本鮪」なんじゃが
    青竹の器に笹の葉がなんとも七夕らしいのォ。



    “冷製”「ん、イタリアン?」と思うほど
    “カッペリーニ風”でオシャレな
    「トマト切りそば」になっとるのォ。



    “油物”は「自然薯と湯葉の炒りだし」じゃ。
    稀少な天然物の自然薯は、味もまた格別じゃ。
    それに加えて、また一工夫じゃから、
    美味くて当然じゃろうて。



    その頃、焼き場では、炭火の火力がちょうど
    良い具合になってきておってじゃ、
    本日のメイン料理(強肴)になっておる
    「宮城蔵王鴨」のローストがこんがりと
    焼かれていっておるぞい!



    付け合せは、なんと…

    「早松茸」

    この季節の先取りは嬉しいのォ。
    「蔵王鴨と早松茸の炭火焼き」



    鴨の脂の旨さ、最高じゃ!

    どこの階のどの参加者も各料理に
    “舌鼓”じゃ!



    本日の「〆のそば」は、参加者の皆が、
    自分の手で切った蕎麦じゃ!(笑)

    自分の手で切った極太の蕎麦の
    のど越しは最高じゃろう?




    わははははっつ。

    では、会長の打った蕎麦と食べ比べて頂くとするか?(笑)



    これも“イベント”ならではの楽しさじゃのォ。

    “デザート”は「甘トマト」



    うーん、この「美味いもの」を
    少しずつ食べる
    というのは
    とても贅沢じゃのォ。

    さ、お腹も膨れたので…

    「今から“織姫”にでも逢いに行くかァ。」

    (お地蔵様はいったい何者なの?汗)
    posted by: アンジェリーナ(仮名) | そば愛好会 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.sobayoshi.com/trackback/1160360
    トラックバック