Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そばよし・第75回「そば愛好会」
0
    もうすぐ七夕じゃ!
    お主は、「短冊」に何と書いて“祈り”を捧げたんじゃ?
    ワシか?
    ワシはじゃな…。

    「世界は一家、人類皆兄弟!」

    ん、どっかで聞いたような台詞じゃと・・・?
    そ、それは、きっと気のせいじゃろ・・・。(汗)



    今日はそばよしダイニング「大幸庵」で、
    「第75回そば愛好会」があるんじゃ!

    今回の“イベント”は?
    参加者の「そば切り体験」じゃ!

    ほら、どうじゃ!
    「大幸庵」のカウンターが、ほれこの通り
    「そば道場」の仕様に早変わりじゃ!



    「良いのォ〜、手入れが行き届いた道具は美しいのォ。」



    武田知之会長は、「手打ち蕎麦」の名人級なんじゃが、
    今日は、手伝いを中川秀樹総料理長が努めるようじゃ!

    まずは、武田会長の手本のそば切りじゃ!



    さすがじゃのォ、リズミカルに細切りの蕎麦が
    どんどん切れてゆくのォ。

    では、皆もそれぞれに蕎麦を切ってみるがよいぞォ!
    まずは、説明をよく聞いてじゃ。
    「蕎麦切り包丁」は切れ味が鋭いから取り扱いに注意じゃぞ!



    順番を待つ間は、銘菓「鮎」でも召し上がって、
    お茶でも呑んでごゆるりとな。



    「ん、なんじゃ?
    自分の番になって、上手く切れるかが心配で
    ジッとしとられん!」とな。(笑)

    心配無用じゃ!
    コツさえ掴めばほらこの通り…。



    「まるで…

    きしめんのような極太平麺」

    会長『いや、それは、それで蕎麦の味がよくわかって美味いねん!』



    参加者は、次から次へと「そば切り」に挑戦!
    蕎麦というものはじゃ、非常にデリケートでじゃ、
    切り方によって、「のどごし」「味」が変るもんなんじゃよ。



    自分の切った蕎麦を自分で食す。
    なかなかこんな機会は無いじゃろうに。

    本日の〆の蕎麦は、自分で切った蕎麦じゃ!
    どんな出来上がりなのか?楽しみじゃのォ。



    「おい、そこのお主、店内を慌てて走るでない!」
    『でも、お地蔵様、どの方の蕎麦かをちゃんと覚えておいて
    それを一つづつ湯掻いて、その方にお出ししてるんですから
    中(厨房)は、大変なんです〜!』

    「ふー、困ったもんじゃ!

    これでは、こころ静かに祈る七夕どころか

    バタバタじゃわい。」

    posted by: アンジェリーナ(仮名) | そば愛好会 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.sobayoshi.com/trackback/1160359
    トラックバック