Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そばダイニング「大幸庵」での“高級コース”
0
    「お客様は神様じゃ」

    お主は、そばよしグループに
    “ダイニング”があるのをご存知か?

    昼の“そばよし”は
    名物の「胡麻切り蕎麦」
    元祖「季節のセイロ飯」
    大賑わいじゃ。

    夜の“そばよし”は
    「そば居酒屋」として
    気軽に呑めるのが魅力じゃのォ。
    勿論「肴」には、“そば屋”ならではの
    「逸品」が勢揃いじゃ。

    その“そばよしグループ”の中で、
    外観や内装、そして、
    夜の「創作蕎麦料理コース」で
    異彩を放っておるのが



    そばよしダイニング『大幸庵』(だいこうあん)


    なんじゃ。

    特に毎月、月代わりで“季節の旬のモノ”を
    「創作蕎麦料理」として出しておる
    “貴船コース”@3990円(税込)が
    好評じゃのォ。



    他にも「定番のコース」として
    「鞍馬」@2940円(税込)や
    「高雄」@5040円(税込)のコースもあるんじゃが
    最近は、これ以上の高額なコースの
    “リクエスト”も多くなってきた
    ンじゃ。


    先日は、ついに、


    お一人様@12,000


    のコースのリクエストまで現れたンじゃ。
    お主も知りたいじゃろう
    「創作蕎麦料理」の“高級コース”の
    内容とやらを。



    まずは、“食前酒”の「梅酒」からじゃ。
    そして「先付」は、自家製の「豆乳そば豆腐」じゃ、
    贅沢にも「生うに」が載っておるではないか。
    この濃厚な食感がたまらんのォ。



    そして、次は自慢の「焼味噌」じゃ。
    熱っせられた石の上で、こんがりと焼きあがった
    「そば味噌」は香ばしくて最高じゃわい!




    「碗物」は「そばがき」じゃ。
    「そばがき」とは「そば粉」を湯掻いただけの
    シンプルな料理なんじゃ!
    しかしじゃ、「そば粉」の良し悪しで、
    「こうも味が変わるものなのか?」
    位の「繊細な料理」じゃて、
    自家栽培・自家製粉と「そば粉」に“こだわり”が
    あるそばよし故に出せる料理じゃのォ。



    「そば屋」と言えば、やっぱり“鴨”じゃのォ。
    「合鴨治部煮」

    そして次は、この“豪華な”「お造り」じゃ。
    “季節の旬の魚”の味はどうじゃ?
    伊勢海老に中トロ、鮑など



    そして何よりもこの季節は
    「鱧おとし」



    この竹の器の中の美しい際立つ“ハモ”
    まるで“かぐや姫”のようじゃのォ。
    (おっと、例えが「彦麻呂」のようじゃ…汗)


    そして「変わりそば」は「トマト切りそば」じゃ。



    これは、サラダ感覚で食べるンじゃが
    このそばの中に切ったトマトを打ち込む“技”は
    長年培われたの「胡麻切りそば」の
    打ち込み技の応用で、“そばよし”ならではの技なんじゃ!

    そして、今回は“そばよし”では
    普段使うコトの無い“リクエスト食材”
    「霜降り黒毛和牛の炭火焼き」



    これは、もう“素材の良さ”が
    炭火で「旨み」に変わって…
    言うコトは何も無いわい。

    そして“蕎麦屋の真髄”「粗引き田舎そば」



    これを「辛味大根」に一緒に食べると最高じゃ。

    そして、「そば寿し」



    自慢の「穴子」を始め、四種も味が楽しめるぞい。

    そして、「天ぷら」
    「才巻き海老」と「子鮎」じゃ。



    そば屋で「海老天」が美味いのは当たり前じゃが、
    この「鮎」がたまらんのォ。


    仕上げの蕎麦は「自然薯と二八そば」じゃ。
    この“天然の自然薯”はもう稀少でのォ。
    もうどこでも簡単に手に入るという代物では
    無くなってきてるんじゃぞォ。



    ほれ、どうじゃ、この粘り…。
    やはりモノが違うのォ。

    最後の“デザート”は、
    「静岡産マスクメロン」じゃ。



    この香り、この甘み、
    そして芳醇な潤い。
    これは、「大満足」じゃ。

    お主も「創作蕎麦料理」が食べたくなったら
    すぐに「大幸庵」まで連絡するがよいぞォ。
    「食べたい食材」も含めて、
    リクエストに応じるので、とても安心じゃのォ。



    それはそうと誰か

    「お客様は地蔵さまじゃ!」

    と言って、ワシを大幸庵に
    招待してくれンかのォ!?



    ●そばよしダイニング『大幸庵』
     daiko-an.com/
    posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://news.sobayoshi.com/trackback/1160297
    トラックバック