Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「独楽」(こま)5周年記念公演
0
    今日はのォ
    “そばよし”の「新年会」や「そば愛好会」でお馴染みの
    和楽器演奏集団『独楽』(こま)が、
    尼崎の「アルカイックホール・オクト」で
    結成5周年記念公演を行うンじゃ。
    もちろん、ワシらも公演に駆けつけたぞい。

    「心機一転」と名付けられたこの節目の公演、
    新たな想いでの意気込みを感じるのォ。
    定刻(午後6時半)に舞台は“暗転”し始まったんじゃ、
    しかし、そこに流れて来たのは、
    「独楽」の音楽ではなく“路上の音”じゃたわい…?

    騒がしい雑踏音?
    いったい何が始まるのかと思えば、
    リーダーの植木(陽二)氏が、三味線を持ってのォ
    客席から登場し、ソロの演奏が始まったんじゃ。

    「なーるほどォ」
    心憎い演出じゃのォ。

    結成当時、彼らの演奏場所と言えば
    「路上」
    じゃったからのォ。

    「心機一転」の前に
    「初心忘れるべからず!」
    というコトじゃのォ。
    地味なオープニング(プロローグ)じゃが、
    ワシは、大変“感激”したぞい!

    第一部
    1.プロローグ
    2.遠き彼方へ
    3.波音(はね)
    4.参(さん)
    5.こきりこ節
    6.みやけ

    …休憩…

    第二部
    7.ひかりの道
    8.南部牛追歌
    9.けやぐ
    10.大太鼓〜戦

    どの曲も5年の歳月の中で得た“経験”が
    ちゃんと「音」や「形」なっておるから、
    その“想い”が、こっちにビリビリと伝わってくるわい。

    それにしても「あっつ!」と言う間の時間じゃったぞ。
    うーん、本当に心が洗われて、癒された
    「良い時間」じゃったのォ。

    それにしても
    今日、見に来ている「お客さま」の
    客層が幅広いのにビックリ!?じゃわい。
    赤ちゃんからお年寄りまで居るぞい。

    この「太鼓」「三味線」「琴」「尺八」「篠笛」
    という古来から伝わる和楽器は、
    我々“日本人”の「心」に響く力を持っておるようじゃなァ。
    それは、年齢など関係な無いものなのかも知れん。

    独楽の「音楽」には、
    「耳」に聞こえる「音」だけではなく、
    「心」に聴こえてくる「音」があるンじゃのォ。



    おおっ、そうじゃ、公演も無事盛況に終わったンじゃから
    この“お祝いの花束”を渡しに行かねば…
    し、しかし、えらい人波じゃ…。
    こ、こら、こらぁ、
    お、押すなぁ、押す…。

     「困ったのォ、ぐるぐると押し流されて

    目が回ってしもーたァぞぃ」


    さすが「独楽」だけのことはあるのォ。

    やっと“花束”を渡すコトが出来たぞぃ。
    これで、一安心じゃ!
    しかし、このファンの熱気で汗だくじゃわい。

    おっ、都合良く、こんなトコにこんなモノが…
    これで流れる汗を拭いて…
    なるほどォ、それで、お土産に
    「独楽オリジナルタオル」という訳かぁ。


    「うーん、なかなか“読み”が深いのォ」
    この5年間で、かなり成長したもんじゃ。

    posted by: アンジェリーナ(仮名) | そば愛好会 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック