Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
そばよしで、本日「七草雑炊」の日!
0
    一月七日は『七草(七種)』じゃ!

    中国では、古くから「七種菜羹」
    (7種類の野菜を入れた羹(あつもの))を
    食べて無病を祈る習慣があったんじゃ。
    その影響を受けて我が国でも室町時代にじゃ、
    「七草粥」を食べる習慣が
    始まったとされておるそうじゃ。

    七草の種類は一般的には、
    セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、
    ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種

    とされておるが、地域によって異なる事もあるみたいじゃのォ。



    邪気を祓い、万病を取り除くという意味もあるんじゃが、
    正月の食べすぎで疲れた胃を休めてじゃ、
    冬場に不足しがちな野菜の栄養分を補うという意味もあるんじゃのォ。

    現在の「七草の行事」では、
    前の晩に神棚の前にまな板を据え、
    包丁の背やすりこ木、火鉢、杓子(しゃくし)などで
    野草をたたき刻んでから神に供えてからじゃ、
    7日朝それを下げて粥に入れて食べるという所が多いみたいじゃのォ。

    七草をたたくときに、「七草ナズナ、唐土(とうど)の鳥が
    日本の国に渡らぬ先に、あわせてバタバタ」

    などと唱えるのはじゃ、
    小正月に豊作を祈って行う「鳥追い歌」
    習って歌っておるんじゃ。

    昔から伝わる行事には、「先人の知恵」が詰まっておるゆえに
    ワシらもそれを大切に引き継ぐ事が大事じゃ!

    『温故知新』をテーマにしとる“そばよし”では
    古来からの伝統を重んじながらも新しい挑戦をしておるんじゃ。

    それゆえに一月七日には『七草雑炊』を出しとるンじゃぞい。
    「粥」は朝には良いンじゃが、お昼からでは少し物足りぬじゃろ。
    じゃから、“そば屋の美味しい出汁”で炊いた「雑炊」に
    “七草”を入れた
    んじゃよ。



    どうじゃ、お主も今日は“先人の教え”を
    そばよしで体感してみんか?




    お取り扱い店舗
    元町本店西中島店心斎橋店本町店
    posted by: アンジェリーナ(仮名) | そばよしニュース | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |