Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「大幸庵・玄」コースに合わせた『厳選酒』
0
    『東洋美人』 純米吟醸“ひやおろし”
    (山口県阿武郡の地酒 (株)澄川酒造場)



    使用米:山田錦100%(精米歩合55%)
    日本酒度:+5
    酸:1.5
    アルコール度数:15.6
    ※東洋美人で唯一7号系酵母を使用。

    冬に仕込まれたお酒を丁寧に貯蔵し、
    ゆっくりと熟成させたお酒を
    “ひやおろし”と言うそうじゃ。

    秋の訪れと共に、調和のとれた円やかな味わいは、
    古くには日本酒のもっとも美味しい呑み方
    とされていたんじゃぞい。
    この、“旬の酒”をぜひ呑んでみてほしいもんじゃのォ。

    この酒の特長は、爽快な芳香と、上品で繊細な『山田錦』
    米の甘み・旨みが綺麗に広がるコトなんじゃ。
    スイスイと喉を通る柔らかな透明感があり、
    お料理を引き立ててくれるぞい。

    特に「大幸庵・玄コース」の『前菜(三種の肴)』に
    合うぞい!

    もう一つの“厳選酒”は「ビオワイン」じゃ!
    「ビオワイン」とは無農薬有機農法のブドウで造った自然派ワインのコトじゃ。
    農薬などを使用せずにじゃ、肥料も鶏糞などの自然のものが使用される自然農法じゃぞい。
    通常のワインには入っておる「酸化防止剤」は、
    基本的には使用しとらん
    ぞい。

    そこで、今回「大幸庵・玄コース」の為に選んだビオワインは…
    「ラ・ヴェット」(赤)じゃ。



    カステルモール共同組合 
    産地:フランス ラングドック
    ぶどう品種:グルナッシュ60% カリニャン40% 

    フランスのぶどう好きな共同組合の人たち
    普段に美味しく呑む為に作られたビオワインじゃ。
    しかしじゃ、ブドウ栽培から醸造まで細心の注意がそそがれ、自然で無駄のない、上質な味わいのワインに仕上がっておるのはさすがじゃのォ。

    「ボトル」が珍しく、“透明”なのはじゃ
    「エコ活動」で“リサイクル”出来るようにとの配慮じゃ。
    環境にも優しいワインじゃのォ。

    現地の生活に密着した“カジュアル”な
    「ビオワイン」を楽しむことが出来るぞい!


    それでは、堺筋本町の大幸庵で
    お主の来るのを待ってるぞい!

    (お地蔵様、また味見と称して
    呑んで待ってるンじゃないでしょうね〜?)
    posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    祝・移転キャンペーン「大幸庵・玄コース」のすべて!
    0
      堺筋本町の「そばダイニング大幸庵」
      行われる“祝・移転キャンペーン”
      そこで、出されるコース料理は、
      次のキタ新地の「大幸庵・玄」
      扱われる“こだわりの厳選素材”を使っておるんじゃ。

      『大幸庵・玄コース』



      ※画像はクリックすると拡大できます。

      それでは、ワシが先にこのコースを
      頂くとするかのォ。

      まずは、山口県阿武郡の地酒
      『東洋美人』純米吟醸“ひやおろし”じゃ。  

      先付「舞茸白和え いくら」



      前菜は、この酒にピッタリのモノばかりが三種じゃ!



      「カラスミ大根」
      「カラスミ」は高級珍味じゃぞい!



      「アボガド紅葉山」
      これは“斬新”じゃ!
      この「海老」と「アボガド味噌」の
      組み合わせが絶妙じゃのォ。



      「クリームチーズの味噌漬け」
      これまた、珍味じゃ!
      うん、洋モノの「チーズ」が
      見事に“和”の「味噌」と融合しとる
      ぞい。



      お次は「割鮮」「お造りの三種盛り」じゃ!

      「本マグロ、ヒラメ、ウニ」どれも美味いのォ。
      (※日によって魚の種類が変る場合があります。)

      続いてはじゃ、これこそ“創作そば”
      「柿切りそば」じゃ!
      (「柿が切りこまれておる蕎麦」=「柿味のそば」とはびっくりじゃろ?)
      「ごま酢」がまた“さっぱり”してピッタリじゃ!



      「蒸物」は「金目鯛そばの実あんかけ」
      最近は晩になるとじゃ、急に冷え込むから、
      こんな時には、「あんかけ」が良いのォ。
      身体の芯から温ったまるからのォ。
      それに「金目鯛」とは見た目にも美しいし、
      味も上品じゃのォ。




      それでは、お次じゃ!
      ここで、またまた、“こだわりの蕎麦”じゃ!
      「生粉打ち新そば」(北海道音威子府産・ほっかいどう おといねっぷ)

      おおっ、これは…

      “国産最高級の新そば粉”で打った

      「十割そば」ではないかっつ!!!




      この素晴らしい香り
      食べてからも噛むごとに
      香りが鼻に抜けるではないかっつ!

      やはり「蕎麦」は、これでなくてはイカンのォ。
      うーん、素晴らしいの一言じゃ!

      そして「強肴」は「京鴨、松茸炭火焼」じゃ!
      これまた贅沢な逸品じゃのォ。
      国産最高級鴨は実にジューシーじゃ。



      「油物」は「蓮根海老新丈挟み揚げ、青唐」
      「蓮根」は、今が一番美味しい時期なんじゃ!うーん、美味いのォ。



      仕上げは、当然「蕎麦」じゃ!
      「〆そば」は、「とろろ蕎麦二八打ち」
      ここ、堺筋本町で好評じゃった一品じゃ!
      さ、三種の「蕎麦」で、ワシも大満足じゃ!



      まだ、「デザート」もあるのかぁ?
      ほーぅ、旬の「梨、ぶどう」と言うのも嬉しいのォ。

      うーん、“予習”で、コレだけの料理を出されるとじゃ、
      おのずと次のキタ新地の『大幸庵・玄』での
      「そば料理コース」の期待が高まるのォ。



      これは、楽しみじゃ!

      このコースは10月10日(金)までじゃから
      お主も急ぐんじゃぞいっ!


      そばよしダイニング『大幸庵』ホームページ
      http://daiko-an.com/
      posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      そばよしダイニング「大幸庵」がキタ新地へ移転!
      0
        そばダイニング「大幸庵」は、
        キタ新地で、新たに「大幸庵“玄”」
        として生まれ変わるンじゃぞい!


        と同時に現在の堺筋本町の「大幸庵」は
        10月10日(水)をもって閉店じゃ!

        これまで堺筋本町で、贔屓にして頂いたお客様には、
        長い間、大事にしてもらって、本当に感謝してるぞい!

        で、今回は移転を記念して、現「大幸庵」で
        最後のイベントじゃ!

        “祝・移転キャンペーン”は、
        10月1日(月)から10日(水)まで
        現「大幸庵」(堺筋本町)で行われるんじゃ。
        して、その“特典”はじゃ!


        特典1.
        キタ新地の「玄」は素材に“こだわり”を持つ店じゃ!
        その「玄」での“こだわり”を厳選素材を使ってじゃ
        「大幸庵・玄コース」として
        特別価格3900円で提供するぞい!
        (※北海道産そば粉十割そば、国内産最高級鴨の炭火焼など)

        特典2.
        厳選酒を特別価格でご提供!
        玄コースに合わせた「ビオワイン」と「純米吟醸酒」
        特別価格で提供するぞい。


        特典3.
        新店「大幸庵・玄」での優待券ご進呈!
        「料理長のお奨め」の逸品をサービスするぞい!


        特典4.
        四名様以上で「予約」の方には、『ビオワイン』
        ボトル1本プレゼント!


        特典2の厳選した「ビオワイン」じゃ!
        旨くて、ガブガブと呑めるそうじゃ、しかし
        自然派ワインは、次の日に残らない優れものじゃ!

        さ、そば好き、酒好きは、
        そばダイニング「大幸庵」へ
        集まるんじゃ!


        予約の時は、「そば地蔵のひとりごと」を見て
        と言ってこの「特典」を受けるんじゃぞい!


        予約は…06-6271-3456

        そばダイニング「大幸庵」ホームページ
        http://www.daiko-an.com/
        posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        “そばよしダイニング”の熱い夏祭り!
        0
          ♪祭りだ、祭りだ、祭りだ、大幸庵祭〜♪

          そうじゃ、この暑さをぶっ飛ばすのは
          「祭」の気合の熱さで対抗するしかないのォ!

          ♪ワッショイ、ワッショイ、ワッショイ、
           それ、それ、それぇお祭りだぁ〜!♪


          普段は、大人のダイニングで、静かな『大幸庵』も
          この祭りの期間(7月28日〜8月14日)だけは、
          元気な『大幸庵』に大変身じゃ!



          ほれ、ほれ、この祭のハッピ姿はどうじゃ?



          この期間は、『夏祭り特別コース』(通常@¥5000)
          なんと特別割引@¥3980になっておるんじゃ!

          ほれ、ほれ、ほれ、ほれぇ、盛り上がってきたじゃろう!?



          「特典」は、それだけじゃないぞい!
          なんと「生ビール」が当ったり、「地鶏もも焼き」が当ったりと
          大幸庵の自慢の料理の数々が当選する
           “夏祭り特別抽選会も楽しみじゃのォ。



          気合いを入れて“大当たり”を引くんじゃぞォ!

          さらに、次回ご来店の際に使える「10%割引券」
          お土産がわりじゃ!



          ほれ、ほれ、ほれ、ほれ、ほれぇ
          『大幸庵』の夏祭りじゃ〜!

          (な、なんかお地蔵様、異常にテンション高くないですかぁー?
          もしかして「地蔵祭り」と勘違いしているンじゃ…汗)

          詳細はこちら【大幸庵オフィシャルホームページ】↓
          http://daiko-an.com/season_menu/index.html

          posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          そば地蔵からの耳より情報!(大幸庵・三周年記念)
          0
            お蔭様で、そばよしダイニング『大幸庵』
            無事“三周年”を迎えることが出来そーじゃ!


            これも皆が、贔屓にしてくれるお陰じゃ。
            ワシからも心からお礼を言うぞい!

            「ありがたや、ありがたや!」(合掌)

            そこでじゃ、やはり感謝の気持ちは
            形に表わさんとイカンじゃろーて?(笑)

            そこでじゃ、お主らだけに・・・
            ワシからいち早く・・・

            「耳寄りなお得情報じゃ!!」

            皆も知っての通り、大幸庵には、
            「創作そば料理コース」があるじゃろ?

            普段、ワシの“オススメ”
            月変わりの「貴船コース」なんじゃが、

            今回は、創作そば料理コースの最高峰
            「高雄コース」(通常価格@5040円)



            感謝価格での提供じゃ!

            気になるお値段はじゃ・・・

            3500円じゃ!

            どうじゃ?
            大奮発じゃろ?(笑)

            しかし、期日が決まっておるンじゃ!

            12月3日(月)〜12月5日(水)

            3日間だけじゃ。

            夜(17時以降の予約)の申し込みを承るぞい!
            その時には
            「そば地蔵のひとりごと」を見て!
            と言い添えることを忘れずにな。

            では、席は限られておるゆえに
            「早い者勝ちじゃ!」

            さあ、急いで、大幸庵に電話じゃ!

            06-6271-3456

            詳しくは、大幸庵まで…。
            http://daiko-an.com/index.html

            ワシも急いで電話じゃ!

            『もしもし、お電話ありがとうございます。
            大幸庵の予約係○○でございます。』
            「もしもし、ワシじゃ…
            “そばよし”の守り神の“そば地蔵”じゃ!
            例の三周年記念のコースの予約を…」

            『お地蔵様、申し訳ありませんが、
            お客様が最優先です!
            では、失礼致します。』
            「も、もしもし…」

            ツー…

            どうやら、大幸庵は
            お主を待ってるようじゃ…。
            (汗)
            posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            限定焼酎「潤平秋詰」
            0
              「杜氏潤平・秋詰」



              潤平紅芋は、原料が焼き芋などに使用される
              紅芋(むらさき芋)を使用としていることが
              一番の特徴じゃ。



              アルコール度数25度の焼酎を飲んでも
              感じられる「甘み」「香り」が
              38度の原酒になれば、
              旨み成分が加水していない分
              より凝縮して感じられるンじゃ。

              「パイナップル」などの
              トロピカルフルーツ系の“香り”
              として捉えられるのが特徴じゃぞい。

              「原酒」の飲み方は、ロックやお湯割りとせずにじゃ、
              ショットグラスに“ストレート”を少し入れ、
              別にチェイサー(水)を出して味わうのがオススメじゃ。

              原酒ならでは「風味」「旨み」「度数」を
              そのままに味わう・・・
              それが「通」の飲み方じゃ。


              もちろん、お主の好みで飲むのも「良し!」じゃ。



              原酒の「秋詰」焼酎はじゃ、
              造ってから時間が経つにつれ「熟成」するンじゃ。
              その「熟成」の意味が、少し複雑なんじゃが
              アルコールが高く、量が多いほど
              良い影響があるんじゃ。

              開栓しなければじゃ、25度の瓶の中でもじゃ
              微妙に「熟成」して行くんじゃよ。

              杜氏潤平の場合はじゃ、
              原酒全体をタンク貯蔵して、
              「春」「夏」「秋」「冬」
              とおよそ“3ヶ月に一度づつ瓶詰”
              しとるンじゃ。

              じゃから「四季詰め」をしている訳じゃ。
              故に春より夏、夏より秋というようにじゃ、
              “熟成度合いの変化”が味わえるンじゃ。
                  
              一度に「瓶詰め」し、時期が来たから
              出荷するという焼酎とは訳が違うのでじゃ、
              ここのところをしっかり認識して
              呑んで欲しいもんじゃな。

              最近は、温暖化の影響もあってじゃ、
              四季を感じられなくなっているのは
              寂しいことじゃのォ。

              ぜひ、潤平でじゃ
              「秋」を感じて欲しいもんじゃな。

              潤平の蔵は、小規模な酒蔵じゃから
              このような独自の焼酎造りが出来るンをじゃぞい。

              貴重な「秋詰」
              限定本数ゆえに早い者勝ちじゃ。

              今すぐ急げ!

              大幸庵へ!!


              そばよしダイニング『大幸庵』
              http://daiko-an.com/
              posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              「そば地蔵のひとりごと」のご愛読者の方々へ
              0
                お主ら、いつも
                「ワシ(そば地蔵)のひとりごと」
                に付き合ってもらって
                感謝しとるぞい。

                そこでじゃ、この味覚の秋に
                少しばかりじゃがワシからの
                プレゼントじゃ!

                大幸庵の「旬の味覚・月代わりコース」

                (貴船コース)“錦秋”

                この期間だけ「特別価格」

                大奉仕じゃ!

                対象期間:10・10(水)〜10・24(水)


                ※コースの写真はイメージです。

                美味しい“秋”を詰め込んだ
                このコースは老若男女に
                大人気なんじゃ!

                料理内容他詳細はこっちじゃ!
                http://daiko-an.com/season_menu/index.html

                見逃すでないぞぃ!
                posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                大阪エヴェッサ Jとハルと一緒に食べる「プレミアム食事会」
                0
                  やはり、このような会は“少人数”に限るのォ。


                  今日は、待ちに待った
                  “あの日”がやってきたんじゃ!
                  ワシのお気に入りの“J”と“ハル”と
                  一緒に食事する
                  「プレミアム食事会」
                  の日がやってきたんじゃ!

                  プロバスケットbjリーグも
                  年々盛んになってきておるようじゃのォ。
                  我らが「大阪エヴェッサ」が二連覇した
                  もんじゃからその知名度も
                  一気に鰻のぼりじゃわい!

                  その状況は、ブースター(ファン)なら
                  誰でも嬉しいはずなんじゃが…
                  その半面じゃ、選手は有名になるにつれて、
                  どんどんと遠い存在になってしまうのが
                  ちと辛いのォ。

                  そこでじゃ、「そばよし」では
                  ブースターが少人数、至近距離で
                  選手と身近に交流できる
                  「プレミアム食事会」を企画したんじゃて。

                  堺筋本町に位置する“そばダイニング”「大幸庵」
                  の三階の宴会場で“J”と“ハル”と
                  一緒に「そば創作料理コース」を食べれるという
                  “夢の時間”が今日なんじゃ。

                  当日、午後六時までには
                  多くの応募者の中から選ばれた15組30名
                  幸運な当選者たちが、期待に胸を膨らせて
                  選手の登場を今か今か待っておるわい。

                  午後六時、“J”と“ハル”が登場して
                  イベントは「トークショー」から始まったんじゃ。
                  今回は、二人とも私服での参加で
                  プレイベート色が強いのもこの企画の特長じゃ。
                  さらに、普段は聞けないような私生活のことが
                  一問一答形式でかわされておったぞい!



                  では、その一部を…
                  左が「J」の答え 右が「ハル」の答え

                  Q1 出身地はどこ?     ブラジル      宮城県 
                  Q2 休日の格好は?   家ではバスパン   今日のような感じ
                  Q3 休日の過ごし方は?   寝てます     固まってる(笑)
                  Q4 幸せな休日とは?   洗車が出来る日   目覚ましをかけない日
                  Q5 女性のタイプって?  明るい人      雰囲気のいい人
                  Q6 芸能人でいうと?  山口智子・ほしのあき  宝生 舞
                  Q7 女性を見る時どこから見る?       雰囲気を感じとる
                  Q8 いつも持っているもの? 健康ネックレス   帽子
                  Q9 寝る前にすることは?  ストレッチ    珈琲を飲む
                  Q10 目覚めてすることは? 愛犬の散歩     珈琲を飲む(笑)
                  Q11 好きな朝食は?   ごはん・ウインナー  ごはん・味噌汁
                  Q12 小さい頃の夢(職業)? 軍人        親の仕事を継ぐ
                  Q13 子供の頃の習い事は? 日本語        書道(三段!)
                  Q14 初恋はいつ?     小6        保育園
                  Q15 初失恋は?     中2          高校
                  Q16 格好悪いって思う時は? フリースロー外した時 バスパン逆に履いていたとき
                  Q17 ストレス発散法は? お酒・バイク    遊びでするバスケ
                  Q18 酔っての失敗?  合宿所の外で寝ていた  相手チームの車に吐いた
                  Q19 Jにとってハルは? ただのチームメイトです!(爆)
                    ハルにとってJは?  ただのチームメイトです!(爆)
                  ※実は二人はプライベートでも仲が良い!
                  Q20 今シーズンの目標は?  三連覇・全試合出場  怪我をしない・全試合出場


                  『お地蔵様は休日はどうされているのですか?』

                  おー良い質問じゃのォ、
                  ワシも実はJと同じじゃ!

                  「寝ておることが多いのォ」

                  『えーっつ!?
                  Jと一緒の答えじゃなくって…
                  ハルと一緒の答えじゃないんですか〜?』

                  「どうしてじゃ??」

                  『だって、石のように

                  固まっておられるのかと…』



                  ・・・。
                  会の内容は、まだまだ続くぞい…(汗)
                  posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 18:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                  そばダイニング「大幸庵」での“高級コース”
                  0
                    「お客様は神様じゃ」

                    お主は、そばよしグループに
                    “ダイニング”があるのをご存知か?

                    昼の“そばよし”は
                    名物の「胡麻切り蕎麦」
                    元祖「季節のセイロ飯」
                    大賑わいじゃ。

                    夜の“そばよし”は
                    「そば居酒屋」として
                    気軽に呑めるのが魅力じゃのォ。
                    勿論「肴」には、“そば屋”ならではの
                    「逸品」が勢揃いじゃ。

                    その“そばよしグループ”の中で、
                    外観や内装、そして、
                    夜の「創作蕎麦料理コース」で
                    異彩を放っておるのが



                    そばよしダイニング『大幸庵』(だいこうあん)


                    なんじゃ。

                    特に毎月、月代わりで“季節の旬のモノ”を
                    「創作蕎麦料理」として出しておる
                    “貴船コース”@3990円(税込)が
                    好評じゃのォ。



                    他にも「定番のコース」として
                    「鞍馬」@2940円(税込)や
                    「高雄」@5040円(税込)のコースもあるんじゃが
                    最近は、これ以上の高額なコースの
                    “リクエスト”も多くなってきた
                    ンじゃ。


                    先日は、ついに、


                    お一人様@12,000


                    のコースのリクエストまで現れたンじゃ。
                    お主も知りたいじゃろう
                    「創作蕎麦料理」の“高級コース”の
                    内容とやらを。



                    まずは、“食前酒”の「梅酒」からじゃ。
                    そして「先付」は、自家製の「豆乳そば豆腐」じゃ、
                    贅沢にも「生うに」が載っておるではないか。
                    この濃厚な食感がたまらんのォ。



                    そして、次は自慢の「焼味噌」じゃ。
                    熱っせられた石の上で、こんがりと焼きあがった
                    「そば味噌」は香ばしくて最高じゃわい!




                    「碗物」は「そばがき」じゃ。
                    「そばがき」とは「そば粉」を湯掻いただけの
                    シンプルな料理なんじゃ!
                    しかしじゃ、「そば粉」の良し悪しで、
                    「こうも味が変わるものなのか?」
                    位の「繊細な料理」じゃて、
                    自家栽培・自家製粉と「そば粉」に“こだわり”が
                    あるそばよし故に出せる料理じゃのォ。



                    「そば屋」と言えば、やっぱり“鴨”じゃのォ。
                    「合鴨治部煮」

                    そして次は、この“豪華な”「お造り」じゃ。
                    “季節の旬の魚”の味はどうじゃ?
                    伊勢海老に中トロ、鮑など



                    そして何よりもこの季節は
                    「鱧おとし」



                    この竹の器の中の美しい際立つ“ハモ”
                    まるで“かぐや姫”のようじゃのォ。
                    (おっと、例えが「彦麻呂」のようじゃ…汗)


                    そして「変わりそば」は「トマト切りそば」じゃ。



                    これは、サラダ感覚で食べるンじゃが
                    このそばの中に切ったトマトを打ち込む“技”は
                    長年培われたの「胡麻切りそば」の
                    打ち込み技の応用で、“そばよし”ならではの技なんじゃ!

                    そして、今回は“そばよし”では
                    普段使うコトの無い“リクエスト食材”
                    「霜降り黒毛和牛の炭火焼き」



                    これは、もう“素材の良さ”が
                    炭火で「旨み」に変わって…
                    言うコトは何も無いわい。

                    そして“蕎麦屋の真髄”「粗引き田舎そば」



                    これを「辛味大根」に一緒に食べると最高じゃ。

                    そして、「そば寿し」



                    自慢の「穴子」を始め、四種も味が楽しめるぞい。

                    そして、「天ぷら」
                    「才巻き海老」と「子鮎」じゃ。



                    そば屋で「海老天」が美味いのは当たり前じゃが、
                    この「鮎」がたまらんのォ。


                    仕上げの蕎麦は「自然薯と二八そば」じゃ。
                    この“天然の自然薯”はもう稀少でのォ。
                    もうどこでも簡単に手に入るという代物では
                    無くなってきてるんじゃぞォ。



                    ほれ、どうじゃ、この粘り…。
                    やはりモノが違うのォ。

                    最後の“デザート”は、
                    「静岡産マスクメロン」じゃ。



                    この香り、この甘み、
                    そして芳醇な潤い。
                    これは、「大満足」じゃ。

                    お主も「創作蕎麦料理」が食べたくなったら
                    すぐに「大幸庵」まで連絡するがよいぞォ。
                    「食べたい食材」も含めて、
                    リクエストに応じるので、とても安心じゃのォ。



                    それはそうと誰か

                    「お客様は地蔵さまじゃ!」

                    と言って、ワシを大幸庵に
                    招待してくれンかのォ!?



                    ●そばよしダイニング『大幸庵』
                     daiko-an.com/
                    posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    「大幸庵」弐周年
                    0
                      お主は「12月6日」が何の日か知ってるかのゥ?
                      実は「大幸庵」の二歳の誕生日
                      つまり「弐周年記念日」なんじゃ。

                      二周年のちょうど前に「お色直し」(リニューアル)も行ってじゃ
                      またまた新たな感じで“リフレッシュ”してやってるんじゃ。

                      この二年の間、本当に多くの人が「大幸庵」に訪れてくれたのゥ。
                      店主になり代わって“お礼”を言うぞォ。

                      「さんきゅー べりーまっち!」

                      ん、どうして?そんな時にだけ「英語」なんじゃ?と。
                      ワシも今の時代の国際化に合わせて「英語」の一つも身に付けておかんと
                      まずいと思ってじゃナ、ついこの前まで
                      「駅前留学」
                      しとったんじゃ!
                      おっほっほっほ!(笑)

                      いや、いや、そうじゃなくてじゃ、
                      「大幸庵」には、海外からのお客さまも多いンでナ
                      それで、ちょっと「国際共通語」で“感謝”を伝えたまでじゃ。

                      これが、「京都弁」で
                      「ホンマにおおきにー、感謝しとりますえー」じゃ
                      どーも様にならんじゃろォ。(笑)

                      それで“感謝の気持ちを形に”と言うコトでじゃ
                      「大幸庵弐周年感謝記念特典」
                      の企画をやってるそうじゃ。

                      12月末までに“季節限定貴船コース「聖」”又は「高雄コース」を
                      一グループの四名以上で「予約」を申し込めばのゥ
                      「シャンパン」又は「ワイン」のボトル(1本)をプレゼント
                      してくれるそうじゃ。


                      ただし、予約の際に
                      「“そば地蔵”素敵!」
                      と大きな声で叫ぶんじゃぞ。
                      それが「パス・ワード」じゃからォ。
                      ん?なんじゃ??
                      そんな「パス・ワード」じゃない…(汗)


                      わっはははっつ!!
                      冗談じゃ、洒落が通じん奴じゃのォ。
                      えーっと、本当の「パスワード」は

                      「大幸庵弐周年記念」

                      と言うみたいじゃー!
                      これを忘れるで無いぞー!

                      それじゃ、「大幸庵」で先に待ってるぞォい!
                      (先に飲んで酔ってたら、許せよー!笑)



                      posted by: アンジェリーナ(仮名) | Daiko-anニュース | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |